loosebonfire

キャンプも好きだけど、キャンプ道具はもっと好き!そんな私が、色々なキャンプ道具や焚き火の動画などをご紹介していきます。

2021年版!魅力あふれる焚き火台のおすすめ!!【ファミリーキャンプ編】

f:id:LOOSECAMERA:20210224165536p:plain

 

キャンプといえば

やはり外せないのは「焚き火」ではないでしょうか。

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by loosebonefire (@loosebonefire)

 今はさまざまな焚き火台が各メーカーから出ています。

 

なので、

どんな焚き火台を使うかも

一つの個性になります!

 

今回は、そんな色々な種類の焚き火台の中から、

キャンプ沼にハマりすぎてお店まで開けてしまった私が、

おすすめの焚き火台をご紹介していきたいと思います!

 

ファミリーキャンプ・グループキャンプにおすすめの焚き火台

気心の知れた仲間や家族と囲む焚き火は

これまた格別の楽しみがあります。

そんなシーンにおすすめの焚き火台をご紹介します。

UNIFLAME/ユニフレーム "ファイアグリル"

こちらの焚き火台はなんと言っても

展開が早く丈夫!

足の部分を展開して本体を載せればほぼ完成なので

特に何も考えずに焚き火に突入できます。

そして、とても丈夫。

私の知人でも使っているのですが、

それこそ

買い換えるタイミングがわからない・・・と

嘆いていましたw

 

ちなみに

同タイプのソロ用もあります↓ 

先にご紹介したファミリーサイズが

  • 430×430×330(網高)mm
  • 重量 2.7kg

それに対してソロ用は

  • 295×295×170(網高)mm
  • 重量 900g

感覚的にはほぼ半分程度のサイズ感です。

対荷重は大きい方で20kg

ソロサイズで5kgです。

 

正直、5kgでもなかなかだと思いますが、

大きめのダッチオーブンなどを使う方であれば

やはりファミリーサイズがおすすめです。

 

Coleman/コールマン "ファイヤーディスク"

 

見た目的にもインパクトの強い
ディスク型が特徴の焚き火台です。
 
こちらも展開は
足を広げるだけのかんたん設定。
 
サイズも2種類あって
小さい方でも十分ファイミリーで使うことができると思います。
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by loosebonefire (@loosebonefire)

その形状からは想像できないほど

燃焼効率も高いので、綺麗に薪を使い切ることができます。

 

また、複雑な構造になっていない為、

洗う際も簡単です。

 

LOGOS/ロゴス "The ピラミッド TAKIBI"

我が家でも使っている焚き火台の1つです。
サイズがM / L / XLの3種類あり選ぶことができます。
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by loosebonefire (@loosebonefire)

家族三人の我が家ではMサイズを購入しました。

このサイズでも少しはみ出はしますが

市販の薪をカットせずにギリギリ使えるサイズです。

 

組み立てがややパズルのようですが、

息子が楽しそうに毎回組み立ててくれます。

 

各パーツがバラバラになるので、

収納サイズは上の2つよりもかなりすっきりとしますので、

パッキングの際に隙間に入れることができます。

 

CAPTAIN STAG/キャプテンスタッグ "ヘキサステンレスファイアグリル" 

LOGOSの焚き火台を買うときに
最後まで迷った焚き火台でした。
 
雰囲気の良い形にそそられたのですが
薪のサイズ的にそのまま入るか不安だったので
見送ってしまいましたが・・・
 
考えてみれば、焼き網を置かずに使えば
問題なく使えたのではないかとも思います💦
 
今回改めて調べていると
さらに魅力的な物も見つけました。
 

「ブラック」です。
焚き火台を色々と使っていると正直ほとんどが
ステンレスのそのままの色「銀色」が多いです。
そんな中、「黒」というだけで人と違った雰囲気を味わえてしまうので
かなりおすすめです! 
それに、焚き火で必ずついてしまう煤汚れも
あまり気にならないかもしれませんw
 
SNOW PEAK/スノーピーク "焚き火台"

もはや説明不要な大定番です。
正直、これを持っていればまず間違いないのではないでしょうか。 
 
サイズ展開も豊富で
1〜2人用だとSサイズ
3〜4人用でMサイズ
5〜6人用でLサイズとなっています。
 
ただし、サイズが大きくなれば
もちろん重さも重くなります。
 
S→1.8kg
M→3.31kg
L→5.3kg
 
一生使えてしまうのではないかと思うほどの丈夫さですが、その分、
やや重さが気になります。
 
しかし、その重さを差し引いても、がっしりとした重厚感に
どうしても男心が惹かれてしまうのも事実です!
 
BELMONT/ベルモント "TOKOBI" 

 

個人的に一番活躍している焚き火台です。

 

メッシュ構造なので燃焼効率が非常に高く、

薪は綺麗に灰になってくれます。

 

焼き網やサイドメッシュ(横からの灰の落下防止)などの

セットもあります。

 
さらには、サイド下に壁を設けて
焼き網の下をオーブンとして使うことのできるセットも↓

 

こちらは動画にもしてありますので

よろしければ参考にしてください↓ 

www.youtube.com

 

動画ではソロで使っていますが

ファミリーでもしっかりと使えるサイズです。 

 

また、畳むとかなりコンパクトになりますので

場所も取りません。

 

ファミリーキャンプ・グループキャンプにおすすめの焚き火台 まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はファミリーやグループキャンプにおすすめの焚き火台を

ピックアップしてみました。

 

各メーカー、さまざまな工夫を凝らした魅力的な焚き火台が

リリースされています。

 

自分のスタイルにあった一台を見つけていただければ

嬉しいです!

 

また、おすすめの焚き火台があれば

追加していきますので、よろしければ参考にしてください!